読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩道にお寺

 

おぉ、と何回なった事でしょうか

駅からターペー門をくぐり旧市街を抜けて

宿まで歩く事1時間・・・

 

おぉ、こんな所に!と見つけたお寺の写真を沢山アップします。

 

ちなみに何も調べず偶然辿り着いたのでお寺の名前が分かりません

 

f:id:from09l9:20161202173344j:image

f:id:from09l9:20161202173402j:image

f:id:from09l9:20161202174032j:image

f:id:from09l9:20161202173429j:image

f:id:from09l9:20161202173444j:image

f:id:from09l9:20161202173448j:image

 

全体が白基調で、所々に赤と金で彩られて

見上げで口開く程、綺麗なお寺だった!

 

f:id:from09l9:20161202173503j:image

 

お寺の一角が太陽の光に照らされて綺麗な影になってて、

きっと太陽の位置が少しでもズレるとこの写真は撮れなかったかもしれない

自然の中で、自然の力で映せるものって本当に素敵だなと思う

私の好きな写真はシンプルで無駄の無いもの

撮りたい写真も、いつもそうだなぁ。。

 

お母さんが綺麗な写真だねって連絡くれてました

好きな景色を綺麗だねって一人でも言ってくれる事

私の撮る写真を素敵だねって一人でも言ってくれる事

幸せです☺︎

 

f:id:from09l9:20161202174021j:image

 

お寺には、僧侶が沢山居たよ!

街にも沢山お見掛けしました。

僧侶さんは女性に触れちゃダメなんだって

敬虔な仏教国であるタイにおいて仏門に入ることは非常に名誉なことで、

僧侶は人々からたいへん敬われているのです。

との事・・・

 

f:id:from09l9:20161202173647j:image 

f:id:from09l9:20161202173654j:image

f:id:from09l9:20161202173703j:image 

f:id:from09l9:20161202173718j:image 

f:id:from09l9:20161202173525j:image

f:id:from09l9:20161202173551j:image

 

このお寺は、古くからあるお寺みたいで

所々にも年季の入った面影が見えた

木っていいよね。

 f:id:from09l9:20161202173600j:image

 

写真に写ってるワンコ。

私オブジェかと思って (ほらカメラ撮ってるでしょ男の人)

こっち向いた瞬間うわぁ!って全員振り向く程大きな声で言ってしまった

静かな空間で気持ち良さそうにしてんだから、ったくぅ〜

 

f:id:from09l9:20161202173756j:image 

f:id:from09l9:20161202173946j:image

 

でね!このお寺も凄く見入っちゃって

見えるかな?

お寺の柱が花模様になってカラフルなビーズが埋め込まれてて

 

f:id:from09l9:20161202174000j:image

 

建物自体は、凄く古いのに細かな所まで凝ってて

このお寺を建てた人はどんな人かな〜

どんな人達が建てたのかな〜

どんな想いでお寺をデザインしたんだ〜

って、すっごく興味が湧きました

 

f:id:from09l9:20161202173801j:image

f:id:from09l9:20161202173815j:image  f:id:from09l9:20161202173827j:image f:id:from09l9:20161202173840j:image

f:id:from09l9:20161202173846j:image

f:id:from09l9:20161202173856j:image 

f:id:from09l9:20161202173922j:image

 

少し遠くの方でピラミッドのてっぺんが見えて

行くか行かまいか少し立ち止まりました

あっちの道を通っても、このまま真っ直ぐ行っても駅までは辿り着く

なら遠回りしてみよう☺︎と、

面倒くさい。と近道ばかり選んでた私

遠回りしてもいいじゃん!辿り着けば。って思いました✌︎

 

きっと遠回りしても自分の選んだ道なら良い事あるよ♡

 

そして最後に

お手手のシワとシワを合わせて

最後まで読んで頂き、コップクンカー☺︎