読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川に浮かぶクレット島

ただいまバンコク!(2回目)

空港でハプニングもありましたが再び戻って来ました☺︎

なんだかホッとします。

 

今日はバンコク市内からクレット島までの行き方をアップします。

電車とバスの乗り方も少し挟みながら・・

 

こちらがタイの路線図

水色がMRT / 地下鉄

黄緑と青色がBTS / 地上を走る電車

こちらは2つの路線で分かれていて行きたい駅によって乗り換えるもの

 

f:id:from09l9:20161211230023g:image

 

タイの電車が便利で使いやすいと感じた事は、一歩通行にしか進まない事!

行きたい駅と逆方向の電車に乗ってしまったら降りて

目の前にある電車に乗り換えればいいという事(何度も失敗を経て今に至ります)

 

ちなみにBTSの改札口には警備員が立っていて

大きな荷物を持ってる人には立ち止まって軽くチェックされます

バックパック背負ってる時は必ず止められました

 

宿の最寄り駅がBTSプロームポン→そこから左4つ先にあるチットロム駅へ

 

f:id:from09l9:20161211234149j:image

 

この写真は、 画面を右横にして見て下さいね☺︎

駅を背中にして真っ直ぐ進むと大きな交差点があり右側にバス停があります

 

「セントラルワールドで降りて伊勢丹前にあるバス停で505に乗ると

船乗り場のパーククレットに到着するわよ」と教えられメモだけして宿を出た私

 

大きなビルがいくつも密集していて伊勢丹ビルがどれか分からない

伊勢丹って大きくあのマーク無いの?とキョロキョロ・・・無い

あれ?高島屋だっけ?と丸高を探す・・・無い(当たり前や)

 

バスの番号見ればいいやと伊勢丹探しを諦めて

☆印のバス停には色んな番号のバスがどんどん来ます

 

最初左矢印←の道路を歩いていて反対車線に505のバスが見えたので

歩道橋を全力疾走して追い掛けましたが、間に合いません

待っていてもなかなか来ないので504のバスでいっか!と妥協しかけましたが

行き先によってバスの番号が違います

タイのバス停には時刻表と行き先一覧がありません

来るタイミングもバラバラ・・505が見えた時は走りました嬉しくて!

 

今日は日曜日でお昼前で、道は大渋滞!

バスに乗り30分後見た事ある景色だなと右方向を見るとさっきと同じ場所

一方通行なので、ぐるっと回って30分

あの全力疾走した歩道橋を渡らずその場で待っていたら

冷え切った身体でトイレを我慢しなくても良かったかもしれない

 

船乗り場を探す途中にお寺が沢山♩

 

f:id:from09l9:20161212002643j:image

f:id:from09l9:20161212002647j:image

f:id:from09l9:20161212002653j:image

f:id:from09l9:20161212002655j:image

f:id:from09l9:20161212002701j:image

f:id:from09l9:20161212002708j:image

 

お寺の中を抜けると船乗り場 / 片道2バーツ(約7円)

 

f:id:from09l9:20161212002726p:image

 

赤いピンがクレット島

川を挟んであるだけなので1分で到着

 

f:id:from09l9:20161212004457j:image

 

クレット島は物や人の行き来を便利にする為

200年ほど前にチャオプラヤー河から水を引いて運河を通した末にできた中州
タイ人やタイ通の観光客の間で「素焼きとお菓子の島」として有名なクレット島

島の住民は紀元前2,000年以上も前からの歴史を持つモン族をルーツとする人達で

島の住民のほとんどが焼き物か製菓にかかわって暮らしているのだとか。

- バンコクナビより

 

島は一周約7キロ、1日40バーツ(約130円)で1日自転車レンタルが出来るのでサイクリングしてる方もちらほらと。 

 f:id:from09l9:20161212003824j:image

 

市場の中は、狭い・・

 

f:id:from09l9:20161212003847j:image

f:id:from09l9:20161212003854j:image

 

女の子達が沢山買っていた有名な焼き菓子

物凄く甘そうだったので買いませんでした

 

f:id:from09l9:20161212003913j:image

 

花のてんぷら⭐︎天然色素として料理の色付けなどにも使われるアンチャンと言うきれいな藍色をした花に衣をつけて、鍋に張った油で豪快に挙げます。一盛り30バーツ程度

 

f:id:from09l9:20161212003920j:image

 

f:id:from09l9:20161212004159j:image

 

素焼きはもちろんお香も沢山

 

f:id:from09l9:20161212004252j:image

 

素焼きの中にアイスを入れたり飲み物を入れて売ってるお店も何件か

 f:id:from09l9:20161212004340j:image

 

お婆ちゃん達は、野菜を売ってた!自分達で作ってるんだろうな〜

 

f:id:from09l9:20161212005233j:image

f:id:from09l9:20161212005421j:image

 

美味しそうな匂いにつられて行列に並んでつみれみたいなの食べたんだけど

相変わらずタイ独特のあのタレだけは未だに苦手です

そこをポン酢に変えてみたらどう?柚子入り美味しいよ?笑

 

f:id:from09l9:20161212004529j:image

 

世界の言葉で説明が書いてあるトイレのイラストが可愛かった♡

 

f:id:from09l9:20161212004628j:image

f:id:from09l9:20161212004631j:image

f:id:from09l9:20161212004637j:image

f:id:from09l9:20161212004649j:image

 

市場の中を歩いてると分からなかったけど

お店の間と間の隙間から川が見えて少し道を外れて外側から見てみると

 

f:id:from09l9:20161212004755j:image

f:id:from09l9:20161212004759j:image

 

こうなってるんだ!生活感のある風景

 

f:id:from09l9:20161212005042j:image

f:id:from09l9:20161212005053j:image

 

ムタウ仏塔

クレット島のシンボルでアユタヤ時代からありモーン人に建てられて300年が経っていて、写真だと比較出来るものが無くて分かりづらいけど片寄ってます。

その理由は侵食されたからとの事・・

 

f:id:from09l9:20161212005107j:image

 

街に戻ると自転車タクシー

バイクタクシーは良く見かけていたけどこっちは初めて!

いくらぐらいなのかな〜

 

f:id:from09l9:20161212005132j:image

f:id:from09l9:20161212005159j:image

 

島巡りでは無く、市場巡りをしに行って帰宅

独特の雰囲気味わえたよ♬

バンコク市内に飽きた方は是非クレット島へ

 

電車での移動がとにかく便利で最寄駅からひたすら歩いていた私

バスの行き先番号をもっと上手く使いこなせば交通の幅広がるなと思う今日この頃